子供を学習塾に入れたいけど、どのような塾を選べば良いのか分からないと悩む方もいるでしょう。そこで今回は、学習塾の種類や指導方法の違いについてご紹介します。少しでも皆さんの学習塾選びの参考になれば幸いです。

学習塾の種類

一概に学習塾といってもその形態は様々です。そこで、学習塾の特徴を理解して、通う目的に沿って塾を選んでみませんか?ここでは、学習塾の種類を分類して一つ一つご紹介しますので、ぜひお子さんの状況に合わせて検討してみてくださいね。

受験勉強メインの進学塾

受験勉強メインの進学塾の特徴は、それぞれの志望校合格に特化したカリキュラムだと言えるでしょう。学力の底上げや学力アップが目的の学習塾の場合は、様々な教科を満遍なく伸ばし、学校のテストで好成績を取る…

Learn Now »

学校の授業理解を深める補習塾

学校の授業内容を理解できなくて、定期試験で低い点数しか取れない事に悩まされている子供たちは、苦手意識が芽生える事で勉強を嫌いになっていきます。まずは勉強に対する苦手意識を取り除かなければ、受験勉強…

Learn Now »

大学受験合格のために通う予備校

大学受験のための学習塾とは?

学習塾には学校の授業の理解と成績向上に焦点を当てた一般的学習塾と、大学受験を目標としたいわゆる予備校があります。前者は学校の学習内容の範囲内で基礎力を養い、実力を養成して学校の成績を上げることを目指します。一方予備校は、大学入試問題を題材に基礎力から応用力を身につけ、入試問題を自力で解く力を養うのが目的です。どちらも基礎を固め実力を養成しますが、最終的目標地点が予備校の方が高めに設定されています。学校の予習を自力でできる学生は、予備校に通った方が自分の学力を高めるのに向いています。予習より復習に力を入れざるを得ない場合は予備校より学習塾が向いていて、中でも個別指導で学生一人ひとりにきめ細かい対応をする学習塾が最適です。予備校は一定学力を備えた学生が集うので、その中にこのような学生が入ると授業についていけなくなるからです。目指す目標、学力水準などを考慮し、自分に合った学習塾を選択すべきです。

大学受験予備校にはいろいろなコースある

大学受験のための予備校には、概ね高校1年から3年向けの学習コースと、受験浪人を含めた大学入試コースがあります。各コースとも文系と理系コースや、本科と単科などのコースがあります。学習コースは学校の学習進度よりは早めで授業が進み、英語と数学や国語など基本科目をセットにし、理科と社会は単科で選択できます。大学入試コースでは理系と文系に明確に分かれ、文系は英語と国語、理系は英語と数学をセットにし、社会と理科は単科での選択形式が多いです。また国立大学やセンター試験を受験する場合は、五教科をセットにした国公立コースもあります。単科は理科や社会だけでなく英語と数学や国語にもあり、予備校によっては有名講師がいて、そのような科目は他の予備校から学生が聴講にくるなど、とても人気があります。このように大学受験予備校は特定の大学や国公私立ごとの合格に狙いを定め、きめ細かくコース分けがなされているのが特徴です。

学習塾の指導方法

大人数で行う集団指導塾

塾にはさまざまな指導形態があり、その1つが大人数の生徒に勉強を教えることができる集団指導塾です。集団指導塾に通うメリットには、同じ目標を持ったライバルを作りやすいという事です。勉強をしていく時には…

Learn Now »

少人数でしっかり教わる個別指導塾

学習塾の指導方法の一つに個別指導がありますが、個別指導は1人~3人程度の生徒に対して講師が1人つくこととなりますので、きめ細やかな指導を受けられます。大人数の場合にはなかなかわからないことが聞けな…

Learn Now »

映像を観て学ぶeラーニング塾

塾を利用するときに気になるのがそれぞれの塾に所属している講師の講義能力でしょう。ベテランで分かりやすい講師もいればアルバイトでただテキストを読んでいるだけの人もいます。最高の講師のいる塾に通わせた…

Learn Now »

>

現場のリアルを知れる学習塾